top of page

Blog

​~あの日のふれ書~

なんて日だ!

荷物をヒガシカーに積め、さて出発です。


大名。福岡のど真ん中。若者の集う街。

混んでますね。車を停めて。


会場入り。ソワソワ。


サウンドチェックも終わり。会場を迎えるとどっかで見たことある人だな〜と目を細めると、

そこには、正月に久しぶりに、会った3男の兄貴がおりましたw


マジで来たのかとお話ししていると、

昨日はビリー・ジョエル、今日ふれ書、明日はチャゲのマルチマックスをというではありませんか?


なんちゅう合間にみにくるんだ!ハードルが高すぎるが、流石兄貴。


この人は、母のお腹に居るときに、僕が面倒をみるんだと言ってくれたひと。

良く遊んでくれた方。

この方に、芸術をアートを教えて頂いたし、よく美術館に連れて行って頂きました。


この辺りで心がキャパを越えていたのですが、

向かいの自販機でコーシーを買って戻ろうとしたら、

これまたどっかで見たことある顔だと、目を細めていたら、

高校の後輩で吹奏楽の部長だった有野くん。


まさかとあ~と言っていたら、タクシーから吹奏楽部の先輩同級生が、降りてきた。


何してるの?ライブを見に来たんだと言われて。


人は驚きすぎると逆に冷静になるんだね。


20年ぶりの面々。


記憶のない位のライブになりました。


こんなサプライズを一気にくらうことはないでしょう。


初めて、山田さんに申しわけないですが、

事情が事情なので、本気をお願いしました。🌕


もう記憶がないです。僕の今までのキャリアと経験を全てぶつけました。


しかしながら、ここから、

私の旅は始まるのですよ。


メチャクチャだ。何なんだこの日はw

続く。



Comentários


bottom of page