Blog

​~あの日のふれ書~

ぬるぬる名探偵🧢

ふれ書の中で、最長の曲。

名探偵が、スマートに華麗に難事件を解決する物語。


頭の中の映像的に、冒頭カラスが鳴くシーン、

朽ちた草木も生えない様な、乾燥した風景。


キャラクターは

ゲームのソルトアンドサンクチュアリの雰囲気。


demo音源には、山田さんの解説込みで、とっても面白いのと、

斬新だな~と思った記憶がありますw。


イメージで入ってるリズムを、ほぼそのままやっています。

少しずつ自分なりの解釈を+しておりますが...

(未だに、テンポチェンジする所のFillが何小節なのかハッキリしてませんw

フレーズで覚えている🥁。)


ドラムで、リズム刻むだけで、表現にまわる事の認識が薄かった自分にとっては、

大きく変わったタイミングではないでしょうか?


久しぶりにやると、たまに脱線したりしますがw、自分が戻しのカウントを

無意識に出した時は、

合っている,いないは,別でw、

バンドのドラマーっぽいな、よくそんな勇気出たなとか、思いました。

それに合わせるお二方はスゴイ!!😲


バランスを、フォローを、し合えるってのがバンドの良い所かのしれませんね🤔