Blog

​~あの日のふれ書~

ザ・デンキサドウブズ

伝説のバンド。ザ・デンキサドウブズ。上下緑ジャージでキメたGSサウンド。

そんなバンドに抜擢、招集されたのは確か、早稲田リネンだったかと思います🍵。


セトリがあったのですが、資料映像のタイトルを当日まで聞き忘れていたのと、聞くのもカッコ良くないので

歌詞から恐らくこれだろうと、サウンドチェック終わってから本番までの間、照らし合わせておりました。


もちろんハマらなければ交代。お客様からの関心と期待をひしひしと感じていたので、正直、緊張しました。

不思議なもので、新しく参加するときは、全く別物の感覚で、「初めまして、聖悟です、よろしくお願いします。」

そんな気持ちになるんですよね。


何度か発言してますが、やはりみおれさんの素晴らしさと魅力。誰しもが好きになってしまうのがよーく分かりました。

曲間の前三人のトークすきだったな~。


ひょんなことから、Clockwise Planetのラストワンマンを見たものですから、

ルート14のザ・デンキサドウブズの解散ワンマンを思い出しまして。


何とも言えない寂しさと有終の美を彩ったきがしますね。何年前だったかなぁ?懐かしいですね😊🥁

今や、そんな衣装の緑ジャージは、寝巻きになっている…。とさ🍵✨