Blog

​~あの日のふれ書~

煮たまご殺人事件🥚

セットリストの曲解説も最後になりました。

いつも読んで頂いてありがとうございます。より、ふれ書📚を楽しんで頂く為と合わせて、

自分がどういうアプローチをしているか書き残しておこうという目的がありました。


通称、煮卵。こちらは、ふれ書に入る前からあって、入ってからすぐにはやらなかった気がします。

どの曲が一番最初の曲か、分からないんですが、大分初期の楽曲かと思われます🐈。


高円寺、ペンギンハウス、楽曲もあいまってインパクトが凄かった。

今考えてみると、こんなもんじゃないだろ?もっとやれ!とリスペクトと鼓舞する様な気がしました。


地方から出てきた私には、高円寺は、とてもディープで、どこか頻繁に行かないような、ちょっと特別な町な気がしていましたが、まさか、月に2回も3回も訪れるとは思いませんでした。


楽曲に関しては、未完成です。あまりやらないのと、構成を覚える間に曲が生き物の様に変化するので

未だに分かりません。あと、書くと面白みが無くなりますし…。🤔


加入して、最初に決めたのは、ふれ書に関しては譜面を書かないという事です。

見てる暇がないのと、変化への対応の速さ、いつもニュートラルでいられるように。

あると見ちゃいますからね👀

簡単に言うと、予定通りやらない、そもそも、予定がなかった…。。


やる側の、緊張感がありながら、飽きない、ヒミツの一つじゃないかと思います。📚

見るなといわれると見たくなる様な、妖艶な曲、サグラダ・ファミリアの様なものかもしれませんね。🥁。