Blog

​~あの日のふれ書~

日曜日

日曜の午前は、時間がゆっくりと流れていて、

午後になると少しずつさみしくなってくる。


昨日は、オツベル氏とのツーマンでしたね。

千鈴舎は、ほんのり温かな光が差し込んで、お腹のグーが聞こえるくらいの静けさ。


真っ白いキャンバスに、筆を落としていって、一枚の作品が出来た、そんな演奏会だった気がします。


オツベルさんのお話、覚えてしまった。脳みそに、記憶されてしまったんです☕。


くるみちゃんどうだった?


くるみちゃん、小物の楽器とか手袋とか鳴りモノが楽しいみたいで、咥えてもっていってましたね。


でも、本当にもっていかれたのは…私の心だったのかもしれませんね・・・🐶フフ。