Blog

​~あの日のふれ書~

思い出話かな?

あの日のふれ書。おはこんばんにちは、ドラムの聖悟です。


そもそも私が参加したのは一番最後で、その時点で原型ができていました。

演奏の記憶はおぼえてないのですが、自分の中で凄く真新しいもので、

変化するキッカケだったかと思います。


本番で失敗しなさい。衝撃でした。


真意が分かるのは、少し後になるのですが、自分の常識がひっくり返る様なそんな気持ちでした。

そう、高円寺のペンギンハウスの出来事です。